ポイ活の7つのデメリット&リスク。危険を避けて安全にポイ活する方法

ポイ活の7つのデメリットとリスク。危険を避けて安全にポイ活する方法 ポイントサイトで貯める
  • ポイ活を始めようか迷っている
  • 始める前に、デメリットやリスクを知っておきたい
  • リスクを避ける方法があれば知りたい

新しいことを始めるときは、デメリットやリスクがないか気になりますよね。

僕もめちゃくちゃ調べるタイプです(笑)

ポイ活は無料でできるので、お金で損することはないんですが、デメリットやリスクはあります。

デメリットやリスクを知らずに始めてしまうと、

「こんなはずじゃなかった・・・」

と失望してしまって、ポイ活をやめてしまい、結果的に損をしてしまいます。

この記事ではポイ活歴10年の僕が、ポイ活を始める前に知っておくべきデメリット・リスクについて解説します。

この記事を読むことで、ポイ活のマイナス面を事前にしっかり理解でき、適切なリスク回避の方法もわかります。

何事にもデメリットやリスクはつきもの。
上手に対処して、安全にポイントを稼ぐ術を身につけましょう!

ポイ活の7つのデメリット

ポイ活には、以下のようなデメリットがあります。

ポイ活の7つのデメリット

  1. メルマガが増える
  2. 広告案件には個人情報が必要
  3. 継続して大金を稼ぐのは難しい
  4. スキルが身につかない
  5. めんどくさい
  6. 情報に振り回される
  7. リスクがある

以下で順番に解説します。

メルマガが増える

ポイントサイトに登録すると、そのポイントサイトからメルマガが来ます。
だいたい1日2~4件ほどです。

さらに広告案件を利用すると、広告主にもメールアドレスを教えることになるので、そこからメルマガが来る場合もあります。

たとえば以下の「楽天カード」の広告案件を利用する場合、楽天にメールアドレスを登録する必要がありますよね。

すると、楽天からメルマガが来るようになる可能性があります。

メインの受信箱にメルマガが入ってくるとかなりジャマです。
ヤフーかGoogleでフリーアドレスを一つ作るか、別のフォルダを作って自動仕分けする設定にしておきましょう。

わたる
わたる

僕はヤフーメールで、メインフォルダとは別のフォルダに自動で仕分けています。

広告案件には個人情報が必要

ポイントサイトで稼ぐには、広告案件が必須です。

たとえばカードを発行したり、銀行口座を作ったり、会員登録したり・・・

その過程で、たくさんの企業に個人情報を提供する必要があります。

個人情報がすごーく気になる人は、ちょっとイヤかもしれませんね。

わたる
わたる

僕はあんまり気にしてません(笑)
大企業だって情報漏洩は全然ありえますし、いまどきリスクをゼロにするのは不可能なので。

対処法については、のちほど解説します。

継続して大金を稼ぐのは難しい

SNSの影響かもしれませんが、ポイ活に期待しすぎてはいけません。

「専業主婦がほったらかしで月10万円」

みたいなのを真に受けちゃダメです。ムリです。

ポイントサイトには「紹介制度」という仕組みがあり、自分の紹介URLを経由して誰かに登録してもらうと、報酬がもらえます。

月に10万とか100万レベルで稼いでいる人は、ネット上でたくさんの人を勧誘し、紹介制度で稼いでいます。

SNSやブログでファンがめっちゃいるとかなら可能ですが、普通の人にはムリですよね。

ポイ活では実際いくら稼げるのか

ポイ活で普通の人が稼げる現実的なラインは、せいぜい月1万円くらいです。

具体的には、報酬が高めの案件を月に1~3件ほどこなしていくイメージになります。

カード発行や口座開設などの案件は、1件で5000~1万円ほど稼げるので、狙い目ですね。

どの広告案件をやるべきかについては、以下の記事も合わせてご覧ください。

≫【すべて無料】初心者がポイントサイトでまずやるべき案件7選

スキルが身につかない

世の中いろんな副業がありますよね。

Webライティング、ブログ、イラスト、Youtube、動画編集など。。。

これらの副業と違い、ポイ活はがんばってもスキルがまったく身につきません。

そのため、あまりポイ活にのめり込みすぎるのも考えものです。

ポイ活は「お小遣い稼ぎ」と割り切って、なるべく時間をかけずに効率よく稼ぎましょう。

わたる
わたる

僕はポイ活以外にも、Webライティング・ブログ・インデックス投資も並行してやってます。

めんどくさい

ポイ活はめんどくさいです(笑)

僕もポイ活歴10年とか言ってますが、サボってた時期もありました。

時間はそんなにかからないんですが、ポイントサイトにアクセスして、広告を物色して・・・って結構めんどくさいんですよね。

あんまり肩に力入れすぎると、挫折します。

挫折すると、まったくやらない期間が長くなってしまって、トータルでは損になってしまいます。

月に1回くらい、気が向いたときにちょこちょこっとやるくらいの方が、長続きします。

別にいったんやめてもいい

めんどくさくなったら、別にやめてもいいんです。

で、気が向いたらまたやり始めたらいい。

ポイントサイトは、登録だけでお金がかかることはないので。

わたる
わたる

僕もやったりサボったりを繰り返して、10年間でなんとか60万円以上稼ぎました。

まずは小さい目標から

ポイ活のやる気が出ないとき

「お小遣いがほしい」

みたいな漠然とした目標では、なかなかやる気が出ませんよね。

そんなときはスモールステップの原理を使いましょう。

スモールステップの原理とは、大きな目標を細分化し、小さな成功を積み重ねていく方法のこと。

参考記事

もともとは心理学者スキナーが提唱した学習法ですが、ビジネスやスポーツなどあらゆる分野に応用されています。

ポイ活においては

  • 月に1件だけ広告案件をやろう
  • とりあえず月500円稼いでみよう

といったように、達成できそう・かつ具体的な目標を作ってみましょう。

そうやって小さな成功体験を積み重ねることが、長くポイ活を続けるコツです。

情報に振り回されて、疲れる

最新のおトク情報を追いかけるのは、めちゃくちゃ疲れます。
なぜなら、ポイントサイトやSNS・ブログなどを常にチェックする必要があるからです。

いわゆるポイ活疲れというやつです。

ポイントサイトでは、

  • 期間限定で広告の報酬がアップ
  • 別のポイントサイトの方が報酬が高い
  • 数量・期間限定の広告案件

などがよくあります。

また楽天やPayPay(ヤフー)、近所のドラッグストアまで、各企業が日々いろんなポイント還元キャンペーンを打ち出しています。

これらのおトク情報を全部追いかけてたら、疲れるに決まってますよね。

わたる
わたる

気が向いたらポイントサイトの広告をざっと眺める、くらいのテンションがちょうどいいです。

世の中のすべての情報を集めるのはムリだと知れ

まず大前提として、

世の中のおトク情報をすべて手に入れることは不可能

だと知りましょう。

当たり前なんですが、おトク情報を血眼になって探す「ポイ活中毒者」は、不可能なことをしようとしているんです。

ちなみに僕もつい最近、楽天モバイルのキャンペーンを見落として3000円分のポイントをみすみす逃しました・・・

ポイ活歴10年の僕ですら、こんだけ脇が甘いんです(笑)

おトク情報を見逃しても、世の中そんなもんだと割り切りましょう。

ポイ活中毒で失うものも多い

ポイ活の情報収集を毎日必死にやっていれば、確かにポイントは人より多く稼げるでしょう。

ただ一方で、その時間で失うものもあるんです。

  • 子供とのふれあいの時間が減る
  • スマホを使いすぎて視力が落ちる
  • 睡眠の量・質が下がり、不健康になる
  • スマホのバッテリーの寿命が短くなる
  • 読書の時間が減り、ポイ活以外の知識が増えない

しかめっつらでずーっとスマホにかじりついてる親なんて、子供もイヤですよね・・・

おトク情報をずっと追いかけることが、必ずしも一番トクするわけじゃないんです。

リスクがある

ポイ活は基本的にお金はかからないのでノーリスクと思われがちですが

やっていく上で注意すべきリスクもあります。

リスクの詳細と対処法については、以下で解説します。

↑目次に戻る

ポイ活で起こり得る7つのリスク

ここまでで、ポイ活のデメリットを解説しました。

次は、ポイ活をやっていく上で起こり得るリスクについて解説します。

ポイ活で起こり得る7つのリスク

  1. 不正アクセスによるポイント盗難
  2. 強制退会・サイト閉鎖によるポイント没収
  3. ポイントが付与されない
  4. 個人情報の流出
  5. 出費が増えることもある
  6. 広告案件の条件にリスクがある
  7. ウザい勧誘で友人を失う

以下で順番に解説します。

リスクを避ける方法も、後ほどまとめて解説します。

≫リスクを避ける方法を先に知りたい方はこちら↓

不正アクセスによるポイント盗難

ポイントサイトで貯めたポイントは、交換するまではサイト内に保管されています。

つまり僕がいま不正アクセスを食らうと、213円分のポイントを盗まれる恐れがあります。

実際に阪急阪神グループのポイントサイトがハッキングを受け、1000ポイントが不正に交換されるという事件がありました。

また日本生命の職員が、客のポイントを勝手に使っていたケースもあります。

参考:Sポイントメンバーサイト不正アクセス
参考:日本生命職員の不正ポイント利用

これらはポイントサイトに限った話ではありません。
ネット上の情報は、常にサイバー攻撃のリスクにさらされています。

わたる
わたる
  • ポイントは貯め込まず、こまめに換金する
  • ID、パスワードの使いまわしをしない

といった最低限の対策はしておきましょう。

強制退会・サイト閉鎖によるポイント消滅

強制退会などの処分を食らったり、ポイントサイト自体が閉鎖してしまうと、貯めたポイントは消滅してしまいます。

特に、自覚なしにポイントサイトの規約違反を犯してしまい処分を受けることもあるので、注意が必要です。

詳細は各サイトの利用規約を読むのが確実ですが、よくある例を紹介します。

よくある規約違反の例

  • ポイントサイトからのメールを受信できない状態になっている
  • アカウントを一人で複数所持
  • 虚偽の情報で登録
  • ポイントについて、広告主に直接問い合わせ
  • 「Amzonギフト券あげるから、私のURLから登録して!」みたいな勧誘

これらに違反すると、ポイント交換を制限されたり、最悪ポイント没収・強制退会になることも。

強制退会にならないための注意点の詳細は、以下の記事をご覧ください。

≫【簡単1分】モッピーの退会方法と5つの注意点。強制退会を防ぐ方法

※こちらはモッピーについての記事ですが、注意点はどのポイントサイトでも共通です。

ポイントが付与されない

ポイントサイトでは、広告を利用したのにポイントが付与されないことが稀にあります。

その原因は主に次の二つ。

  1. ポイント獲得条件を満たしていなかった
  2. 広告利用データがうまくポイントサイト・広告主に送受信されなかった

特に2つ目については、どれだけ気をつけていても起きる可能性があります。

僕の感覚だと、10回に1回あるかないかといった頻度ですね。

わたる
わたる

実はつい先日も、1万円以上の案件が否認されてしまいました・・・

個人情報の流出

ポイントサイトからというより、広告主から流出するリスクの方が高いです。

というのも、広告案件を利用する場合、広告主へ情報提供をする必要がありますよね↓

たとえば広告案件を10件こなせば、10個の会社に個人情報を提供することになります。

長くポイ活を続ければ、個人情報を提供する会社は20社・30社はくだらないでしょう。

どの会社も個人情報は慎重に扱っているはずですが、流出が絶対ないとは言い切れません。
ANAやベネッセなどの大企業も、個人情報をガンガン流出させています。

参考:個人情報漏洩事件・被害事例一覧

したがってポイ活をすると、個人情報の提供先が増えるため、個人情報が流出するリスクはどうしても高くなります。

出費が増えることもある

具体的には、以下のような場合が考えられます。

  • クレジットカードでムダ遣い
  • ポイントを意識しすぎて割高・ムダな商品を購入

ポイ活の基本は、日常の支払いをすべてクレジットカードやスマホ決済にしてポイントを稼ぐことです。

現金に慣れている人は、支出の管理が難しくなるかもしれません。

わたる
わたる

1~2ヶ月に1回、クレジットカードの明細を見てムダ遣いしていないかチェックすると良いでしょう。

マネーフォワードといった家計管理アプリを使うのも手です。

また、ポイント欲しさにムダな買い物をしないように注意しましょう。

たとえば楽天市場では、「お買い物マラソン」といったイベントがよく開催されます。

いろんなショップで買い物をすることでもらえるポイントがどんどん増えるんですが、いらないモノや割高なモノを買っていては元も子もありません。

わたる
わたる

余談ですが、楽天市場は割高な場合が多いので、僕はあまり使ってません。
日用品ならヨドバシ.comかAmazonで買いましょう。

広告案件の条件にリスクがある

広告案件の「ポイント獲得条件」にリスクが伴うこともあります。

たとえば証券やFX口座といった投資がらみの案件では、一定量の取引がポイント獲得条件になっていることがほとんどです。

こういう案件は報酬が高いのでおすすめなんですが、投資商品なのでリスクが伴います。

とはいえ、リスクを適切にコントロールすることは可能。

FXや証券口座の案件をこなせるようになると、ポイ活でグッと稼ぎやすくなります。

わたる
わたる

投資はこれからの人生で避けては通れません。
勉強も兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

興味があれば、以下の記事を参考にしてください。

≫ポイントサイトのFX案件のやり方!実際に12,000円稼いでみた【モッピー×YJFX】

ウザい勧誘で友人を失う

ポイントサイトには、「友達紹介」という仕組みがあります。

自分の紹介URLを通じて誰かが登録してくれると、報酬がもらえるというものです。

とはいえ、SNSやリアルの知り合いにしつこく紹介すると嫌われるので注意しましょう。

逆の立場でもイヤですよね?

興味ないものをひたすらゴリ押しされて、しかも相手の下心が見え見えっていう・・・

どうしても勧誘したいなら、それとなく切り出してみて、相手が興味なさそうだったらすぐに引きましょう。

わたる
わたる

リアルな知り合いを勧誘するときは、慎重に行いましょう!

↑目次に戻る

【安全対策】ポイ活のリスクを回避する方法

ここまでで、ポイ活のリスクについて解説しました。

ここからは、リスクを避けて安全にポイ活する方法について解説します。

リスクを避けて安全にポイ活する方法

  1. 大手ポイントサイトに登録する
  2. ポイントはすぐに換金する
  3. ID・パスワードは使い回さない
  4. 家族で同じポイントサイトを使わない
  5. ポイント獲得条件はしっかり確認する
  6. 広告利用前はCookie削除&ブラウザ再起動
  7. 「本当におトクか」を冷静に考える
  8. 個人情報の入力は必要最小限に
  9. 「友達紹介」はほどほどに

大手ポイントサイトに登録する

ポイントサイトに登録する場合、
個人情報をしっかり管理していて、閉鎖するリスクが低い大手ポイントサイトを選んでおきましょう。

ここ1~2年でできた新しいサイトは、避けておいた方が安全です。

以下のポイントサイトのどれかを選んでおけば大丈夫です。

  • モッピー
  • ハピタス
  • ポイントインカム
  • ちょびリッチ
  • げん玉
  • ライフメディア
  • ECナビ
  • ポイントタウン

いずれも運営歴が長く、運営元もしっかりした老舗サイトです。

迷ったらモッピーをおすすめします。

1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー

≫モッピーの無料登録はこちら

参考記事:【2021最新】徹底比較!ポイントサイトおすすめランキング

ポイントはすぐに換金する

ポイントを貯め込んでいると、次のようなリスクがあります。

  • 不正アクセスによるポイント盗難
  • ポイントサイトから処分を受け、ポイント没収
  • ポイントサイト閉鎖によるポイント消滅

したがって、ポイントは貯め込まずにすぐに換金しましょう。

月に1回とか、5000円以上貯まったら・・・など自分なりの換金ルールを作っておきましょう。

でも、何度も換金してたら、手数料がもったいないんじゃない?

貯まったポイントをドットマネーに交換すれば、ドットマネーから銀行に手数料無料で振り込みができます。

またハピタスかライフメディアなら、手数料無料でそのまま銀行振込ができます。
ドットマネーを経由するのがわずらわしい人は、ハピタスかライフメディアを選ぶと良いでしょう。

どちらも優秀なサイトですが、ハピタスの方が広告報酬が高めでおすすめです。

≫ハピタスの無料登録はこちら

ただ紹介登録の特典はライフメディアの方が手厚いですね↓

≫ライフメディアの無料登録はこちら

ライフメディアの2500P(1P=1円)は、入会特典としては破格です。
今から登録する人がうらやましい・・・


キャンペーンは今のところ毎月やっているようですが、いつまで続くかわかりません。
早めに紹介特典だけもらっとくのが、賢いかもしれませんね。

ID・パスワードは使い回さない

これはポイントサイトに限らず、インターネットを使うなら最低限やっておくべき安全対策です。

ID・パスワードの使い回しをしていると、不正アクセスによりあなたのポイントが盗まれるかもしれません。

広告案件を利用する際も、IDやパスワードは使いまわさないようにしましょう。

言ってることはわかるんだけど、そんなにたくさんのパスワード管理しきれない!

そんな人は、Bitwardenという無料のパスワード管理ツールを使いましょう!

このツールを使えば、1つのマスターパスワードだけ覚えておけばOK。

指紋認証や顔認証を設定しておけば、マスターパスワードの入力すら不要で、非常に便利です。

わたる
わたる

もちろん僕も使っています。
スマホとパソコンで同期もできるので、とても便利です。

マスターパスワードは、オンライン上で管理しないように注意しましょう。
紙に書いて、自宅の引き出しなどに保管しておくといいでしょう。

家族で同じポイントサイトを使わない

自宅のWifiなど、家族で同じ通信回線を使っていると、「同一人物による複数アカウント所持」とみなされるリスクがあります。

ほとんどのサイトで家族での利用は禁止されてはいませんが、やめておいた方が安全です。

特にモッピーが厳しいようですね。

わたる
わたる

我が家では僕がモッピー、妻がハピタスといったように住み分けをしています。

どうしても家族で同じポイントサイトを使いたいなら、最低限以下のことに注意して、自己責任でやりましょう。

家族で同じポイントサイトを使うときの注意点

  • 家族で別々にアカウントを作る
  • 同じ通信回線を使わない(家のWifi、スマホ回線など使い分ける)
  • メールアドレス、電話番号は別々のものを使う
  • ID、パスワードは別々に設定する
  • 家族で同じパソコン、同じスマホを使わない
  • 振込先の銀行口座は別々にする(本人名義のもの)

ポイント獲得条件はしっかり確認する

ポイントサイトで「広告が利用したのにポイントが付与されない」という人の原因の一つがこれ。

ポイントサイトの広告ページには、ポイントの獲得条件や、対象外となるケースが細かく書いてあります。

広告利用前には、条件をしっかり確認しておきましょう。

特に「初回申込」が条件になっていることが多く、過去に利用したことのあるサービスには注意しましょう。

広告利用前はCookie削除&ブラウザ再起動

ポイントサイトで広告を利用し条件も満たしているのに、ポイントが付与されないことが稀にあります。

その原因は、広告利用データがポイントサイトと広告主に正しく認識されていないといったことが考えられます。

それを防ぐために、最低限Cookie(クッキー)の削除とブラウザの再起動はしておきましょう。

以下のリンク先に注意事項が詳しくまとめられています。
モッピーのページですが、どのポイントサイトにも共通する注意事項です。

参考:ポイントを必ず獲得するために

Cookie(クッキー)ってなに?

Cookieとは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組みのこと

Cookie(クッキー)とは?

つまりネット上に残る足跡のようなもので、とても不安定です。
別のページのCookieが残っていると、広告利用データがうまく認識されないことがあります。

だから、広告利用前にCookieを消しておく必要があるんですね。

「本当におトクか」を冷静に考える

「ポイントはもらえるけど、実は割高」といったものはよくあります。

特に、楽天のサービスには注意が必要。

楽天はポイントをたくさんくれるので、かえって本当におトクかどうかがわかりにくいです。

具体的には、楽天でんき・ガスや楽天市場はちょっと割高ですね。

楽天市場の「お買い物マラソン」などで、ムダなものをいっぱい買わないように注意しましょう。

わたる
わたる

考えるのがめんどくさければ、ポイントは無視して素直に安いものを買っておきましょう。

またポイントサイトの広告も、条件達成のためにお金がかかることもあります。

商品購入や、年会費有料のクレジットカードには注意しましょう。

個人情報の入力は必要最小限に

いまどき、個人情報はどこから漏れても不思議ではありません。

大企業であっても、個人情報流出はガンガンやらかしてます。

とはいえ、広告案件の利用には個人情報の入力は不可欠です。

となると、僕らができる対策は、個人情報の開示をできるだけ最小限に抑えること。

具体的には、100円もらえる無料登録案件を50件こなすより、5000円もらえるクレジットカード案件を1件こなしましょう。

50社に個人情報を提供するより、1社だけに提供する方が、確実にリスクは少ないですよね。

時給の面でも、リスクの面でも、報酬が高い案件を狙っていくのがポイ活の基本戦略です。

「友達紹介」はほどほどに

ポイントサイトに限らず、現会員が新しい会員を勧誘して報酬をもらう「紹介制度」はよくある仕組みです。

リアルの知り合いをしつこく勧誘すると相当ウザいので、注意しましょう。

「友達紹介」で友達をなくすなんて、アホらしすぎますからね。

↑目次に戻る

まとめ:それでもポイ活はやった方がトク

今回は、ポイ活のデメリットやリスクなど、悪い面にフォーカスして解説をしました。

ポイ活は完全無欠ではありません。
何事にもいい面・悪い面はあります。

しかし、元手ゼロで始められて月1000円~1万円程度なら誰でも稼げることを考えると、お小遣い稼ぎとしては超優秀です。

10年間で60万円以上稼いだ僕が保証します。

この記事を参考にすれば、かなり安全にポイ活ができるはずです。

リスクを取らず、がんばりすぎず、のんびり長く続けるのが、ポイ活で稼ぐ秘訣です。