【ポイ活】6回やってわかった!電気の乗り換え注意点&おすすめ神案件

ポイントサイト経由で電気の乗り換え ハピタス
  • ポイントサイトの電気の乗り換え広告に興味がある
  • でも電気の乗り換えってよくわからないし、なんかめんどくさそう・・・
  • 知っておきたい注意点やデメリットはある?

ポイントサイトにある電気の乗り換え広告。

「よくわからないし、なんとなくめんどくさそう・・・」

と思って、無意識に除外していませんか??

それ、めちゃくちゃもったいないですよ。

僕はこれまでに6回電気の乗り換えをして、合計39,700円を稼いでいます。

最近だと「ミツウロコでんき」が激アツですね。
乗り換えるだけで14,000円分のポイントがもらえます。

ハピタスのミツウロコでんき広告(2021年6月)
出典:ハピタス(2021年7月時点。報酬は時期により変動します)

手続きも実はカンタンで、5分で終わります。
今の電力会社の解約手続きとか、工事とかも不要です。

解約縛りがあると違約金が発生する可能性があるので、そこは特に注意が必要ですけどね。

この記事では、ポイントサイトで電気を乗り換えるときの注意点と、おすすめの広告案件について解説します。

この記事を読めば、電気の乗り換え案件で失敗することなく、効率よくポイントを稼げるようになるはずです。

運営者情報

わたる
わたる
  • ポイントサイト歴10年以上
  • 累計70万円以上を稼ぐ
  • 過去6回電気の乗り換えを経験
  • 電気の乗り換えで約4万円を稼ぐ

電気の乗り換えで稼ぐには、「ポイントサイトへの登録」が前提となります。

まだどのサイトにも登録していない人は、以下のランキング記事を参考にしてください。
≫【2021最新】徹底比較!ポイントサイトおすすめランキング10選

当サイトでは、広告案件の報酬が業界最高クラスハピタスをおすすめしています。
読むのがめんどくさければ、参考にしてください。

6回乗り換えてわかった。電気の品質は一切変わりません!

僕はこれまで6回電気の乗り換えをして、合計39,700円分のポイントを稼いでいます。

そこでわかったのは、

  • 電気の乗り換えは、手続きが超カンタン
  • わりと稼ぎやすい、優良な広告案件

ということです。

電気の乗り換えで知っておくべき基礎知識は、以下の5点です。

  • 電気の品質は変わらない
  • 手続きはオンライン完結で、超カンタン
  • 無料でできる
  • 今の電力会社の解約手続きは不要
  • 工事は原則不要

以下で順番に解説します。

電気の乗り換えとは

電力の小売自由化

2016年4月から、電気の小売りが自由化されました。

それ以前は、東京電力・関西電力といった地域ごとの電力会社が電気の販売を独占しており、僕らは自分で電力会社を選べませんでした。

関東に住んでたら「東京電力しか選択肢がない」といった状態ですね。

それが2016年4月以降、電気の販売業者を自由に選べるようになったわけです。
(下図の赤枠部分)

電力供給の仕組み
出典:経済産業省 資源エネルギー庁HP

電気を乗り換えても、品質はまったく変わりません!停電もしません!

電気の供給は「発電・送配電・小売り」と役割がはっきり分かれています。

  • 発電→すでに参入自由
  • 送配電→各地域の電力会社(東京電力など)
  • 小売り→2016年に自由化

つまり自由化といっても、新規事業者が参入するのは「小売り」の部分だけ。

新電力に乗り換えたら、供給が不安定になるんじゃないの?

と不安な方もいるかもしれませんが、安心してください。

安定供給の要となる「送配電」については、これまでどおり各地域の電力会社が担います。

電気の乗り換えと言っても、電気の販売窓口が変わるだけで、電気の質はこれまでと何ら変わりません。

わたる
わたる

新電力に乗り換えたからと言って、

  • 停電しやすくなる
  • 電灯が薄暗くなる
  • 災害時に復旧が遅くなる

といったことはないので、ご安心ください。

手続きは無料。オンラインで5分で完了します

電気の乗り換え?
うわぁ・・・めんどくさそう・・・

こんなこと考えているそこのあなた!

電気の乗り換え手続きは超カンタンで、5分で終わります。

オンラインで完結するので、電話をかけたり営業所に行ったりする必要はありません。

画面の指示に従って淡々と入力項目を記載するだけなので、ネットが苦手でも大丈夫です。

主な入力項目は以下のとおり。

  1. 氏名
  2. 電話番号
  3. メールアドレス
  4. 支払い元の口座情報 or クレジットカード情報
  5. 供給地点特定番号
  6. 今の電力会社のプラン(アンペア数)
  7. 今の電力会社名
  8. 今の電力会社のお客様番号

供給地点特定番号や、今の電力会社の登録情報は、検針票でわかります。

契約内容の見方(関西電力)
出典:関西電力

紙の検針票がない場合、今の電力会社のホームページで確認できます。

今の電力会社の解約手続きは不要!

今の電力会社には、どのタイミングで解約の連絡をすればいいの?

という疑問があるかもしれません。

でも安心してください。
今の電力会社の解約手続きは不要です。

なぜなら、乗り換え先の電力会社が全部やってくれるから。

めちゃくちゃラクですね~

つまり僕らは、新電力に申し込むだけ。
あとは放置でOKです。

めんどくさい事務手続きは、乗り換え先の電力会社が全部やってくれます。
のんびり待ちましょう。

肝心の電気代はどうなる?電気使用量が少ない1~2人世帯は注意!

乗り換えたからといって、電気代はほんとに安くなるんでしょうか?

多くの新電力会社では、以下の傾向があります。

  • 電気使用量が多い3人以上の世帯
    →安くなる
  • 電気使用量が少ない1~2人世帯
    →高くなる

単価が一定の電力会社の場合、ほぼ確実に上記の傾向があてはまります。

「単価が一定」とは、「1kWhあたり22.4円」のように
使用量によらず電気単価が一定の料金体系を指します。

一方で関西電力などの地域電力会社は、使用量によって単価が変わるのが普通です。

電気使用量関西電力
(従量電灯A)
最低料金
(最初の15kWhまで)
341.01
15kWhをこえ120kWhまで20.31
120kWhをこえ300kWhまで25.71
300kWh超過分28.70
※2021年7月時点。単位は円(税込)

使用量によらず単価が一定の電力会社の例は、以下のとおりです。

電力会社料金単価[円/kWh]
HISでんき
(プライム)
21.29
あしたでんき22.00
エルピオでんき22.20
リミックスでんき 22.30
0円でんき22.30
Looopでんき22.40
親指でんき22.40
※2021年7月時点。関西電力エリアの場合

上記の電力会社の場合、電気使用量が少ないとかえって割高になる傾向にあります。

とはいえ・・・

ポイント目的なら、電気代はあまり気にしなくても大丈夫です。
なぜなら、何年も契約し続ける必要はないから。

以下で詳しく解説します。

電気の乗り換えでポイントを稼ぐ基本戦略。渡り鳥になろう

電気の乗り換えでポイントを稼ぐには、以下の戦略が基本となります。

  1. ポイント報酬が高い電力会社と契約(5000円以上はほしい)
  2. 数ヶ月くらいで、また別の電力会社に乗り換え。
    もちろんポイントサイト経由で。
  3. 広告案件が尽きるまで繰り返す
  4. 最終的に、安い電力会社に着地する

ポイントサイトで稼ぐことが目的なら、電気代はあまり重要じゃありません。

なぜなら電気代が多少高くても、トータルではほぼ確実にプラスになるから。

ポイントサイトの電気の広告案件は、だいたい5000円前後もらえます。

一方、電気代は高くなるといってもせいぜい差は月数百円くらい。

毎月300円高くなるとしても、16ヶ月以内に次の電力会社へ乗り換えればトータル黒字ですよね。

電気代が割高な電力会社と契約した場合、数ヶ月後にポイントをもらったらサッサと次に乗り換えるべきです。

乗り換えが遅れるほど損になりますからね。

そうやって、ポイントサイト内にある広告案件を片っ端からこなしていきましょう!

とはいえ広告案件の数には限りがあります。
やる案件がなくなってきたら、最後は安い電力会社に着地してフィニッシュです。

この方法なら、トータルで5~8万円くらいは稼げるんじゃないでしょうか。

僕は上記の戦略で、渡り鳥のようにいろんな電力会社を数ヶ月おきにハシゴしています(笑)
そうして合計4万円近くを荒稼ぎしてきました。

今もまだ渡り鳥をしている最中です。

最終的には、関西電力のなっトクパックか、HTBエナジーに着地しようかな・・・

↑目次に戻る

ポイントサイト経由で電気の乗り換えをするときの注意点&デメリット

ポイントサイト目当てで電気の乗り換えをするなら、以下の5点に注意しましょう。

  • 解約金がないところを選ぼう
  • 電気代を考慮し、トータルでおトクな案件を選ぼう
  • ほとんどの案件は、初回申し込み限定
  • 供給エリアが限られていることがある
  • オール電化向けプランがないことがある

以下で順番に解説します。

【超重要】解約金がない電力会社を選ぼう

一定期間契約をせずに早期解約すると、解約金を請求してくる電力会社があります。

まるでどこぞのぼったくり携帯電話会社みたいですね・・・

「乗り換えた後、また別の会社に乗り換えるかも」
「とりあえずお試しで契約してみたい」

といったように、長期契約するつもりがない場合、解約金には十分注意しましょう。

解約金があるかどうかは、各社ホームページの「よくある質問」に載っています。

あるいは「○○でんき 解約金」などで検索すればわかるはずです。

電気代を考慮し、トータルでおトクな案件を選ぼう

特典目当てに電気の乗り換えをすると、電気代がかえって高くなることもあります。

「電気代が高くなったとしても、特典を考えれば十分おいしい!」

と思える案件を狙っていきましょう。

たとえばポイント獲得条件が「6ヶ月間継続する」とか、ポイント付与が6ヶ月後だったりする場合。

当たり前ですが、6ヶ月間は解約するわけにはいきません。
仮に契約期間の条件がなかったとしても、ポイント付与前に解約してしまうと、ポイントがもらえなくなる可能性大です。

電力会社からすれば、ソッコーで解約した奴にわざわざポイントをあげるメリットはないですからね・・・

しかも6ヶ月後、すぐ別の電力会社に乗り換える手続きをしても、申し込みから実際に切り替わるまで1ヶ月くらいはかかります。

つまりこの場合、トータル7ヶ月くらいは契約し続けないといけません。

仮に月300円電気代が高くなると、特典が2,100円以上じゃないと元が取れません。

特典が3000円とかでも、実際の儲けは900円にしかならないので、イマイチうまみがないですよね・・・

電気代の差分とポイント報酬をトータルで考えて、オイシイ案件を狙うのがコツです。

電気代の上手な比較方法

電気代がどのくらい変わるのかよくわからない・・・
ポイントがもらえるとはいえ、今より高くなったらイヤだな・・・

電気代の比較って、めんどくさいですよね。

電力会社のホームページによくある「電気料金シミュレーション」は、信用してはいけません。

なぜなら自社の電気代が安くなるよう、都合のいい条件でシミュレーションしているから。

じゃあどうすればいいかと言うと、やっぱり

自分の世帯の電気使用量をもとに比較するのが一番正確ですよね。

電気使用量は、季節によってだいぶバラつきがあるので、12ヶ月全部を比較するのが理想ではあります。

たださすがに12ヶ月分はめんどくさいので、電気使用量が一番多い月・少ない月の2ヶ月分だけを比較するのをおすすめします。

電力会社のサイトで料金単価を調べて、電卓を叩いてみましょう。

実際に、主な新電力の電気代を検証してみた

結論から言います。

新電力と、地域電力会社(関西電力など)の料金を比較すると、以下の傾向にあてはまります。

  • 一律料金の新電力
    →1ヶ月の電気使用量が約200kWhを超える場合、地域電力会社よりおトク
  • 段階式料金の新電力
    →料金単価によるので、ざっくり計算が必要

とはいえ結論だけ言われてもピンとこないと思います。

具体例として、主な新電力会社の電気代を実際に検証してみました。

結果は以下のとおりです。

1ヶ月の
電気使用量
関西電力 HISでんき
ウルトラ関西
おうち
でんき
ミツウロコ
でんき
あした
でんき
Looop
でんき
100kWh2,0671,8812,0112,2172,2002,240
200kWh 4,5304,1294,3454,6074,4004,480
250KWh5,8165,3035,5505,8235,5005,600
300kWh 7,1016,4766,7557,0406,6006,720
400kWh 9,9719,1419,5359,6128,8008,960
500kWh 12,84111,80612,31412,18411,00011,200
※2021年7月時点。関西電力エリア。従量電灯A。再生可能エネルギー発電促進賦課金および燃料費調整額を除く。

数字だけ見せられても意味わからないと思うので、順番に解説しますね。

関西電力を基準に比較してみましょう。

HISでんき・おうちでんき・ミツウロコは「段階式」の料金設定となっています。

計算する前に、まず料金単価を比較すると、だいたいの傾向がわかります。

電気使用量関西電力HISでんき
ウルトラ関西
ミツウロコ
でんき
おうち
でんき
最低料金
(最初の15kWhまで)
341.01310.33333.72285.00
15kWhをこえ120kWhまで20.3118.4922.1620.30
120kWhをこえ300kWhまで25.7123.4724.3324.10
300kWh超過分28.7026.6525.7227.80
※2021年7月調べ。単位は [円/kWh]

「HISでんき」と「おうちでんき」は計算するまでもなく、どんな使用量でも関西電力より安いとわかりますね。

一方ミツウロコは、120kWhまでは割高ですが、120kWhを超えると関西電力より単価が安くなる料金設定になっています。

こういう場合、どちらが安いかはざっくり計算してみないとわかりません。

ミツウロコと関西電力の電気代を比較してみましょう。

1ヶ月の
電気使用量
関西電力ミツウロコ
でんき
100kWh2,0672,217
200kWh 4,5304,607
250KWh5,8165,823
300kWh 7,1017,040
400kWh 9,9719,612
500kWh 12,84112,184
※2021年7月時点。関西電力エリア。従量電灯A。再生可能エネルギー発電促進賦課金および燃料費調整額を除く。

ミツウロコの場合、250kWhが境界になりそうですね。
つまり1ヶ月あたり250kWhを超える家庭なら、関西電力よりおトクとわかります。

段階式の場合、安くなるかどうかは電気使用量と料金単価によって変わります。

比較する場合、ご自分の家庭の電気使用量を参考に、電卓を叩いてみてください。

一方で、あしたでんき・Looopでんきのような「一律料金タイプ」はどうでしょうか。

「一律料金タイプ」とは、使用量によらず単価が一定の料金プランのことです。
主な電力会社は以下のとおり。

電力会社関西電力エリア
料金単価[円/kWh]
東京電力エリア
料金単価[円/kWh]
あしたでんき22.00円26.00円
リミックス
でんき
22.30円26.30円
0円でんき22.30円26.30円
Looopでんき22.40円26.40円
楽天でんき22.50円26.50円
※2021年7月時点。

段階式と違って、料金単価が比較しやすいのがいいですね。

このタイプの電力会社は、電気使用量が高いほどおトクになる傾向にあります。

「あしたでんき」と「Looopでんき」の電気料金を、関西電力と比較してみましょう。

1ヶ月の
電気使用量
関西電力あした
でんき
Looop
でんき
100kWh2,0672,2002,240
200kWh 4,5304,4004,480
250KWh5,8165,5005,600
300kWh 7,1016,6006,720
400kWh 9,9718,8008,960
500kWh 12,84111,00011,200
※2021年7月時点。関西電力エリア。従量電灯A。再生可能エネルギー発電促進賦課金および燃料費調整額を除く。

だいたい200kWhが、関西電力と料金が逆転する境界値になるとわかりますね。

以上をまとめると、新電力の電気料金は、以下のような傾向があるようですね。

  • 一律料金の新電力
    →1ヶ月の電気使用量が約200kWhを超える場合、地域電力会社よりおトク
  • 段階式料金の新電力
    →料金単価と電気使用量によるので、ざっくり計算が必要

≫一番安い電力会社はこちら

ほとんどの広告案件は、初回申し込み限定

電気の乗り換えは、ほとんどの広告が「初回申し込み限定」です。

つまり、過去に申し込みをしたことがある人(世帯)はポイント対象外になります。

ポイントサイトの広告ページの「ポイント獲得条件」に記載があるはずなので、よく確認しておきましょう。

ポイ活を長く続けていると、

「この案件やったことあったっけ?」

と忘れる可能性があります。
僕なんか10年以上やってるので、とても覚えてられません・・・

そこで過去にやったことのある案件は、メモしておくと良いでしょう。

エクセルでもメモアプリでもエバーノートでも、わかりやすければ何でもOK。

ちなみに僕は、以下のような感じでエクセル(Googleスプレッドシート)でメモしてます。

電気の乗り換え記録

供給エリアが限られていることがある

新電力会社は、供給エリアが限られていることもあります。

たとえば「イデックスでんき」は、九州エリアのみ。

申し込み前に、自分の住んでる地域が供給エリアに入っているか確認しておきましょう。

「○○でんき 供給エリア」などと検索すれば、すぐにわかります。

オール電化向けプランがないことがある

新電力会社によっては選べる料金プランが少なく、オール電化向けのプランがないこともあります。

オール電化向けのプランとは、夜間の電気代が安いプランのことです。

オール電化住宅では、ガスのようにリアルタイムでお湯を沸かすことができません。

夜間のうちにお湯を大量に沸かしてタンクに貯めておき、翌日のお風呂や給湯に利用するのです。

そのためオール電化住宅では、夜間の電気代が安いプランを選択することで、電気代を安く抑えることができます。

しかし電力会社によっては料金プランが少なく、夜間の電気代が安いプランがない場合もあります。

現在オール電化プランに契約している場合、「従量電灯」のように時間帯によらず電気代が一定のプランに乗り換えると、電気代が割高になる可能性が高いです。

ご注意ください。

↑目次に戻る

電気の乗り換えでおすすめの広告案件

電気の乗り換えの広告案件は、意外にたくさんあります。

おすすめの広告案件は、以下のとおりです。

電力会社ハピタス報酬モッピー報酬解約金契約縛り
ミツウロコでんき14000円14000円なし
リミックスでんき10000円10000円なし
ソフトバンク
【おうちでんき】
9500 円 6500円関西電力エリア:
5550円
その他エリア:
550円
2年
エルピオでんき2500円3300円なし
0円でんき2400円5000円なし
HISでんき
(HTBエナジー)
2300円1300円2200円1年
ENEOSでんき2000円2500円なし
Looopでんきなし3500円なし
あしたでんき1200円1200円なし
親指でんき1000円1500円なし
シン・エナジー1600円6000円なし
昭和シェル700 円 600円 なし
※2021年7月時点。報酬は時期により変動します

だいたいめぼしい案件はこれくらいですね。

案件数・報酬ともにトップクラスのポイントサイトである
ハピタスモッピーの報酬額も、参考までに載せておきました。

時期によって案件は入れ替わるので、思い立った時にポイントサイトで探してみてください。

下記の2つの条件にあてはまる案件が狙い目です。

  • 解約金がない
  • 報酬が5,000円以上

時期によって報酬の変動が激しいので、そのときに報酬額が高いものから順にこなしていきましょう。

数ヶ月ごとに渡り鳥のように乗り換えつつ、高額案件でポイントを稼いでいくのがおすすめです。

さらにポイントサイトとは別に、電力会社が公式キャンペーンを打っている場合もあります。

僕の判断基準としては、ポイントサイト+公式キャンペーンで合計5,000円以上の報酬があれば、乗り換えを決断します。

5,000円あれば、多少電気代が高くなってもそこそこ利益を確保できますしね。

報酬が高い案件は、報酬が高いうちにすぐにこなしておくことをオススメします。

ポイントサイトの報酬は変動が激しいです。
ある日突然、報酬がガクっと下がることも全然あります。

わたる
わたる

以下の電力会社は、僕が案件こなしたときの報酬はこんな感じでした。

  • あしたでんき:6,000円
  • 親指でんき:6,200円
  • 昭和シェル:4,000円

今は軒並み、報酬額が大きく下がってしまっています・・・

報酬が高いと見たら、早めにこなしておきましょう。

思い立ったが吉日です。

まず最初にどの電力会社に乗り換えるべきか

こんなにたくさんあっても、どれからやればいいかわからない・・・

という人は、まず「ミツウロコでんき」からやってみましょう!

ハピタスのミツウロコでんき広告(2021年6月)
出典:ハピタス

地域の電力会社(関西電力など)と比べても、電気代はそんなに変わりません。

オンラインで5分で手続きするだけで14,000円分のポイントがもらえる、狂った案件です。

現在ポイントサイトに出ている広告の中で、一番オイシイ広告といってもいいでしょう。

解約金もないし、乗り換えない理由がありません。
というか、こんな1万円以上の報酬がいつまで維持されるかわからないので、今すぐがっつくべき案件です。

ミツウロコはすでに1年以上も高水準の報酬を維持しているので、そろそろ広告費が削られてもおかしくありません。

明日見たら報酬が3分の1に・・・なんてこともザラです。マジで。

もらったポイントは、ハピタスなら手数料無料で3日以内に銀行振込で換金できます。

「ミツウロコでんきに乗り換える具体的な手順を知りたい!」
「ミツウロコでんきについて知りたい!」

という人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

≫ハピタス経由でミツウロコでんきに乗り換える方法

わたる
わたる

まずは急いで「ミツウロコでんき」の案件をこなしましょう。

その後は、そのときどきで報酬が高い案件をこなしていけばOKです。

一番安い電力会社はどこ?【最終的にどこに着地するべきか】

電気の乗り換えについて、僕のおすすめする「基本戦略」を先ほど解説しました。

もう一度おさらいしましょう。

  1. ポイント報酬が高い電力会社と契約(5000円以上はほしい)
  2. 数ヶ月くらいで、また別の電力会社に乗り換え。
    もちろんポイントサイト経由で。
  3. 広告案件が尽きるまで繰り返す
  4. 最終的に、安い電力会社に着地する

では、最終的に着地すべき「安い電力会社」とはどこか?

それは、「HISでんき(HTBエナジー)」です。

毎月の電気使用量が

  • 1~330kWh
    →HISでんき「ウルトラプラン」
  • 330kWh~
    →HISでんき「プライムプラン」

今回紹介した電力会社のなかでは、HISでんきが最安という結果になりました。

電気使用量が多い家庭・少ない家庭どちらにとっても最安というのは、驚異的です。

地域電力会社や他の電力会社と比較しても、明らかに安いですね。

電気使用量関西電力HISでんき
ウルトラ関西
ミツウロコ
でんき
おうち
でんき
最低料金
(最初の15kWhまで)
341.01310.33333.72285.00
15kWhをこえ120kWhまで20.3118.4922.1620.30
120kWhをこえ300kWhまで25.7123.4724.3324.10
300kWh超過分28.7026.6525.7227.80
※2021年7月調べ。単位は [円/kWh]

段階式の電気料金だと、電気使用量が多いとだんだん割高になってきます。

だいたい1ヶ月200~300kWhくらいが境界になりますね。

電気使用量が多い家庭なら、以下のような「一律料金」タイプの電力会社が最適です。

電力会社料金単価[円/kWh]
HISでんき
(プライムプラン)
21.29円
あしたでんき22.00円
エルピオでんき22.20円
リミックスでんき 22.30円
0円でんき22.30円
Looopでんき22.40円
※2021年7月時点。関西電力エリアの場合

ここでもHISでんきの安さが光ります。

わたる
わたる

広告案件を狩り尽くしたら、
最後は「HISでんき」に着地しましょう。

まとめ:電気の乗り換えは稼ぎやすい

電気の乗り換え手続きは超カンタン。

まずは以下の基礎知識を押さえましょう。

  • 電気の品質は変わらない
  • 手続きはオンライン完結で、超カンタン
  • 無料でできる
  • 今の電力会社の解約手続きは不要
  • 工事は原則不要

電気の乗り換えでポイントを稼ぐなら、以下の戦略がおすすめ。

  1. ポイント報酬が高い電力会社と契約(5000円以上が目安)
  2. 数ヶ月くらいで、また別の電力会社に乗り換え。
    もちろんポイントサイト経由で。
  3. 広告案件が尽きるまで繰り返す
  4. 最終的に、安い電力会社に着地する

数ヶ月おきに、渡り鳥のように電力会社を乗り換えていけば、効率よく稼ぐことができます。

その際は、以下の2点にだけ注意しましょう。

  • 解約金は発生しないか
  • 報酬が5,000円以上か

上記2点を満たす広告案件は狙い目なので、ガンガン稼いでいきましょう!

一度やれば、「こんなもんか」と拍子抜けするはずです。

広告を狩り尽くしたら、電気料金が最安の「HISでんき」に乗り換えてフィニッシュです。

電気の乗り換えで稼ぐには、「ポイントサイトへの登録」が前提となります。

まだどのサイトにも登録していない人は、以下のランキング記事を参考にしてください。
≫【2021最新】徹底比較!ポイントサイトおすすめランキング10選

当サイトでは、広告案件の数・報酬ともに業界トップクラスハピタスをおすすめしています。