最悪でやばい!?ハピタスの危険性を検証する【個人情報漏洩事件】

  • ハピタスが気になるけど、「やばい」「最悪」とか検索されてて不安…
  • 登録しても本当に大丈夫?

ハピタスについてネット検索していると、以下のようなキーワードが表示されることがあります。

ハピタス検索候補1

これは不安になりますね・・・

結論から言うと、僕自身ハピタスを2年近く利用してみて、「やばい」とか「最悪」とか思ったことはありません。

ただ根拠を示さず「安全です!」と言われてもステマっぽいし気持ち悪いですよね。

なのでこの記事では、根拠をすべて公開しつつ、ハピタスの危険性を検証したいと思います。

本記事の内容

  • ハピタスが「やばい」「最悪」と検索される理由
  • ハピタスの危険性を検証

運営者情報

わたる
わたる
  • ポイ活歴10年以上
  • 累計収入100万円以上
  • 夫婦でハピタス利用中
\ここから登録で入会特典ゲット!/

≫入会特典の詳細はこちら

ハピタスの概要

運営会社株式会社オズビジョン
(未上場)
サイト設立2007年3月(運営歴14年)
会員数350万人
レート1pt=1円
ポイント保証制度保証あり
最低交換ポイント300円~
ポイント交換先20種類
ポイント交換手数料すべて無料
ポイントの有効期限 12ヶ月
※ログインで延長
プライバシーマーク
SSL
あり

ハピタスは、運営歴10年以上・会員数350万人の大手ポイントサイト。

この実績だけ見ても、前提として「まったく稼げない詐欺サイト」ではないとわかりますね。

わたる
わたる

350万人というと、大阪市の人口をはるかに超える規模です。

ハピタスが「やばい」「最悪」と検索される3つの理由

「やばい」「最悪」などのネガティブワードが表示される理由は3つ。

  1. 2013年に個人情報漏洩事件を起こしているから
  2. ハピタスのネガティブ情報を知ろうとする人が検索するから
  3. 検索候補が気になってクリックする人が多いから

実際に「ハピタスがガチでやばい」という情報は、GoogleやSNSを探しても出てきませんでした。

【理由①】2013年に個人情報漏洩事件を起こしているから

ハピタスは2013年3月に、情報漏洩事件を起こしています。

システム不具合により、別の会員の登録情報が一時的に閲覧できる状態になっていたとのこと。

当時の評判が尾を引いているため、未だに「やばい」「最悪」と検索されているのかもしれません。

ただ10年近く前のガラケー時代の話ですし、とっくに対策済の問題ですから、個人的にはあまり気にする必要ないかなと思います。

わたる
わたる

今は京都市などの地方自治体や、ベネッセなどの大企業でも情報漏洩しちゃってる時代です。
気にしてたらキリがありません。

【理由②】ハピタスのネガティブ情報を知ろうとする人が検索するから

ポイントサイトを紹介しているのは、基本的に怪しいステマサイトばかりです。

いいことばっかり書いてあるけど、ハピタスってほんとに大丈夫なのかな…

このようにネットリテラシーの高い方は、あえて「〇〇 やばい」などのネガティブワードで検索して、情報を得ようとします。

すると、親切なGoogle先生が「他の人はこんなキーワードでも検索してますよ~」と表示してくれるわけです。

ハピタス検索候補1

【理由③】検索候補が気になってクリックする人が多いから

「ハピタス最悪」なんて検索候補が出ると、「え、ハピタスって最悪なの?」と気になって、ついクリックしちゃいますよね。

気になってみんながクリックする
→検索回数が伸びる
→さらに表示されやすくなる
→さらにみんながクリックする・・・

という負の(?)循環ができて、ネガティブワードがいつまでも表示され続けるわけです。

わたる
わたる

「ハピタスが最悪」っていう明確な理由があるわけじゃなく、検索エンジンの仕組み上、表示されやすくなっていると考えられます。

「ハピタスがガチでやばい」という情報は、探しても出てきません。
心配な人は、ご自分でも探してみてください。

実際にハピタスを利用している人の口コミは≫【悪い評判あり】ハピタスの評判・口コミまとめ【コツコツ稼げません】にまとめています。
不評な点はありますが、「やばいサイトだ」という口コミはありません。

↑目次に戻る

ハピタスの危険性を客観的に検証。安全と言える6つの根拠

「やばい・最悪」と検索される理由はわかりましたが、「本当に安全かどうか」はまた別問題ですよね。

続いて、ハピタスの危険性を客観的に検証していきます。

ネットでは「絶対安全です!」と言い張ってるだけのステマサイトが多いですが、この記事ではきちんと根拠を提示します。

  1. 無料で利用できる
  2. 本名・住所は登録不要
  3. プライバシーマーク・SSL導入済
  4. JIPC加盟サイト
  5. 紹介制度はネズミ講ではない
  6. イヤなら1分で退会できる

ただし、そもそも安全に「絶対」はありません。

「十分に安全だ」と判断するかどうかは、あなた次第です。

わたる
わたる

少なくとも僕は、ハピタスを利用していてトラブルなどが起きたことはありません。

無料で利用できる

しつこく念を押しておきます。

ハピタスでは、登録・利用・退会に一切お金はかかりません!

つまり、金銭的なリスクはゼロです。

本名・住所は登録不要

ハピタスから個人情報漏れて、何かややこしいことにならないかな・・・

ハピタスからの個人情報漏れは、心配しなくて大丈夫。

なぜなら、そもそも個人を特定できる情報は登録しなくていいから。

ハピタスの登録に必要な情報は、以下のとおり。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 家族構成

たったこれだけ。
本名や住所すら、登録不要です。

万が一情報が漏れたところで、迷惑メールが来るくらいが関の山です。
受信拒否すればOK。

プライバシーマーク・SSL導入済

万が一、個人情報が漏れたらと思うと、やっぱり不安・・・

そんな心配性のあなたへ。

ハピタスでは、2つの個人情報保護対策を行っています。

  • 「プライバシーマーク」取得
  • サイトのSSL化を実施

プライバシーマークとは、「個人情報をきちんと保護してますよ」という、第三者機関による評価の証。
↓こんなマークです

出典:JIPDEC

SSL化とは、「データ通信の暗号化」のこと。
万が一通信の途中で情報が抜き取られても、暗号化されているので解読されません。

わたる
わたる
  • 第三者機関の認証
  • データ通信の暗号化

ハピタスの個人情報対策は、隙を生じぬ二段構え。

ただ繰り返しますが、「絶対安全」と言い切ることはできません。

ハピタスの対策を知った上で、判断するのはあなたです。

JIPC加盟サイト

日本インターネットポイント協議会(JIPC)ロゴ
出典:JIPC

ハピタスはJIPC(日本インターネットポイント協議会)に加盟し、社長さんが理事も務めています。

JIPCは、「ポイント交換はいつでも受け付けるし、予告なく突然サービスが終了することはありません」と、世間に宣言しています。
そこの理事を務めるハピタスは、信用しても良いでしょう。

JIPCとは、「ポイントサイトのサービス向上」を主な目的として設立された団体。

ハピタスのほか、ECナビ・ワラウ・ちょびリッチなど、ポイントサイトを運営する企業群で構成されています。

わたる
わたる

とはいえJIPCはあくまで紳士協定で、拘束力などはありません。
安全の根拠としては弱めですが、参考情報としてどうぞ。

紹介制度はみんなが得する仕組み【ネズミ講ではない】

ネットでの勧誘が露骨でネズミ講っぽいので、「危険じゃね?」と思う人もいるようです。

怪しいステマが多いのは事実ですが、結論を言うと紹介制度はみんなが得する仕組みです。

  • 紹介する人 → 紹介特典がもらえてハッピー
  • 紹介された人 → 入会特典がもらえてハッピー
  • ハピタス → 会員が増えてハッピー

こういうことです。

ネズミ講と一緒で、どうせ一番上の人しか儲からないんじゃないの?

これは単なる勘違い。

ネズミ講は詐欺=犯罪ですが、ポイントサイトはまっとうな商売です。

ネズミ講ではない理由は以下のとおり。

  • ポイントサイトはそもそも無料サービスなので、詐欺もクソもない
  • 紹介経由で入会しても、獲得ポイントが減ることはない

詐欺どころか、紹介経由で入った方が、特典がもらえる分おトクです。

ちなみに検索などから公式サイトに行って登録しても、入会特典はありません。
特典がほしい方は、≫紹介経由で入会しましょう。

イヤなら1分で退会できる

ハピタスを退会したくなったら、以下の手順ですぐに退会できます。

  1. 退会ページにアクセスする
  2. 必要事項を入力
  3. 退会完了!

もちろん、解約金などは一切かかりません。

面倒な電話などは一切不要で、オンラインで完結します。

↑目次に戻る

まとめ:ハピタスがやばくて最悪な理由は見当たらない

記事の内容をまとめます。

ハピタスが「やばい」「最悪」などと検索される理由は以下の3つ。

  1. 2013年に情報漏洩事件を起こしているから
  2. ハピタスのネガティブ情報を知ろうとする人が検索するから
  3. 検索候補が気になってクリックする人が多いから

ただ、実際にハピタスが「やばい」と言える根拠は見つかりませんでした。
心配な方は、ご自身でも探してみてください。

情報漏洩事件も10年近く前の話で、当時すぐに対策が取られましたしね。

実際、今のハピタスは十分安全と考えていいでしょう。
理由は以下の6つ。

  • 無料で利用できる
  • 本名・住所は登録不要
  • プライバシーマーク・SSL導入済
  • JIPC加盟サイト
  • 紹介制度はネズミ講ではない
  • イヤなら1分で退会できる

ただし、他のステマサイトのように「絶対安全です!」と言い切るつもりはありません。

僕は根拠は提示しますが、あくまで判断するのはあなたです。

「ハピタス、やってみてもいいかも」

と思ってくれた方は、ぜひ入会特典もあわせてゲットしてください。

今ならハピタスに入会すると、1,000円分の入会特典がもらえます。

ハピタス入会キャンペーン(2022年1月)
【期間限定】2022年1月1日~1月31日まで
\本名・住所は登録不要!1分で登録完了!/

特典1,000円をゲットする手順は、以下の2ステップ。

  1. 1月31日までに、上記ボタンからハピタスに無料登録
  2. 1月31日までに広告利用
    2月28日までに合計500ポイント以上「有効」判定
わたる
わたる

以前は「5,000ポイント以上」と厳しい条件でした。
1月は、条件が大幅に甘くなっているのでチャンスです。

検索などで直接公式サイトから入会してしまうと特典がもらえないので、ご注意ください。

期間限定なので、入会はお早めにどうぞ。

500pt以上の条件達成には、以下の案件が最適かと思います。
まずは、1日以内にポイント獲得できる「U-NEXT forスマートシネマ」からやってみましょう。

U-NEXT forスマートシネマ広告(PC版ハピタス)(2022年1月)
U-NEXT広告(PC版ハピタス)(2022年1月)
楽天証券広告(PC版ハピタス2021年11月)
岡三オンライン証券広告(PC版ハピタス2021年12月)
※報酬は時期により変動
  • U-NEXT forスマートシネマ:
    「見放題Plus」申し込み(初月無料)
  • U-NEXT:
    31日間無料トライアル申し込み
  • 楽天証券:
    口座開設+1万円入金
  • 岡三オンライン証券:
    口座開設+5万円入金

すべてこなせば、入会特典と合わせて一気に9,800円を稼ぐことができます。
しかもすべて無料でできるので、リスクはゼロ。

証券口座も、入金するだけで実際に投資する必要はありません。
使わないと思ったら、ポイントをもらった後で出金・解約すればいいだけです。

・・・と、ここまで言っても、行動しない人が9割。
お金を稼げるのは、実際に行動できる上位1割の人だけです。
あなたはどちらでしょうか?

まずは上記ボタンからハピタスに無料登録して、月1,000円からでも稼いでみてください。